アントレプレナーズ・ネットワーク 会員規約 | アントレプレナーズ・ネットワーク

アントレプレナーズ・ネットワーク

お問い合わせ

  • ENとは
  • メンバー紹介
  • 紹介・協業成功実績
  • ゲスト参加申込
  • 入会案内

アントレプレナーズ・ネットワーク 会員規約

第1章 総則

  • 第1条 当会の名称は「アントレプレナーズ・ネットワーク」(通称:「EN(イーエヌ)」、英文表示:Entrepreneurs Network、以下「当会」という)とする。
  • 第2条 当会は、その本部を東京都千代田区神田小川町3-10 新駿河台ビル 4F 株式会社アンテレクト内に置く。

第2章 目的

  • 第1条 当会は、起業家/経営者/専門家のための人脈作り・ビジネス斡旋・協業を促進することにより、その成長を促すための会員組織とする。
  • 第2条 当会は、前条の目的を達するために以下の活動を行なう。
    (1)起業家/経営者/専門家が集うコミュニティの提供と運営
    (2)ビジネスの相互斡旋及び協業の促進
    (3)起業家/経営者/専門家として成長するのに必要な情報提供及び講座の企画・運営
    (4)その他、前条の目的を達するために必要な一切の活動

第3章 入会

  • 第1条 当会の趣旨に賛同し、所定の申込書等により入会の意思を表明し、所定の審査により入会を承認された者は、別途定められた入会金、会費等を納入することにより、当会の会員資格を得る。
  • 第2条 当会に入会しようとする者は、反社会的勢力及びそれに準じる勢力に該当せず、かつネットワークビジネスに関与していない者でなければならない。
  • 第3条 第4章第3条に定めた役員を務める者は、役員退任後、その任期の期間分についての月会費の納入を免除される。
  • 第4条 所定の支会への入会をもって、当会への入会とし、会員は支会が毎週開催する定例会に参加するものとする。
  • 第5条 各支会は、当会の定める業種区分に基づき、1業種1名を定員とする。また、2つ以上の支会に同時に在籍することはできない。
  • 第6条 当会への入会を希望する者は、支会への入会に先立ち、ゲストとして支会の会合に3ヶ月の範囲内で2回まで参加することができる。
  • 第7条 当会に入会した者は、入会後3ヶ月間以上、在籍しなければならない。
  • 第8条 新たに入会した者は、速やかに本部が行なうオリエンテーションを受けるものとする。支会の定例会における協業プレゼンテーションを行なうには、オリエンテーションの完了を条件とする。
  • 第9条 入会後は、当会規約を守るものとする。

第4章 組織

  • 第1条 当会は、会員により運営される支会を単位として活動を行なう。但し、複数の支会による合同のイベント等の実施は妨げない。
  • 第2条 支会の立ち上げは発起人が行ない、支会長を通じて支会活動の円滑な運営を実現する。
  • 第3条 支会は支会長が統括し、支会長・幹事長・書記の3名からなる支会役員会を構成し、支会運営にあたる。
  • 第4条 支会役員会のメンバーは任期を6ヶ月間とし、各職について2期まで再任できる。
  • 第5条 支会は、当該支会を担当する当会認定コンサルタント(以下、コンサルタントという)を1名以上任命する。コンサルタントは、必要に応じて、当該支会の所属会員以外の者を任命してもよい。
  • 第6条 支会役員および当該支会担当のコンサルタントは兼任を妨げない。
  • 第7条 支会は、必要に応じて、支会役員およびコンサルタント以外の運営ボランティアスタッフを任命することができる。
  • 第8条 複数の支会は担当スーパーバイザーが統括し、担当する支会の立ち上げ及び運営を支援する。
  • 第9条 当会全体を統括する本部は株式会社アンテレクトが務める。
  • 第10条 本部は、入会を希望する者が存在すれば、どの地域にでも支会を立ち上げることを許諾する権利を有し、同一地域内に複数の支会を立ち上げることを妨げない。

第5章 会費

  • 第1条 当会への入会を承認された者は、別途定められた入会金と翌月分の月会費をクレジットカード決済により支払う。以降、毎月の月会費は、前月下旬にクレジットカードによる自動引き落とし決済により支払う。
  • 第2条 いったん納入された入会金並びに月会費は、払い戻しされない。
  • 第3条 自らの意思で登録を抹消した場合や、当規約に基づき除名処分を受けた場合、既に納入済みの会員有効期間の残存期間分の会費の払い戻しはされない。
  • 第4条 会員は、当会への入会金・月会費のほか、所属する支会の運営経費に充当される支会費を支払う。支会費の金額や納入方法は、各支会が定める。

第6章 会合参加義務

  • 第1条 会員は、自らが所属する支会が毎週開催する会合に、遅刻・早退なく参加するものとする。
  • 第2条 やむを得ず欠席する場合は、代理人に参加させるための最大限の努力を払わなければならない。但し代理人は、所属支会の会員であってはならない。
  • 第3条 会員は、所属する支会会員のためにビジネスを斡旋することや、支会の会合にゲストを招待することに積極的に取り組むものとし、具体的な紹介件数・招待人数の目標については、各支会が定める。
  • 第4条 会員は当会の行なう活動について、支会または本部に対して提案、要望を伝えることができるものとする。

第7章 変更

  • 第1条 当会への入会後に登録業種区分の変更を希望する会員は、その変更について、支会に申請を行ない、承認を得なければならない。
  • 第2条 他の支会への移籍を希望する会員は、移籍元支会にその旨を表明の上、移籍先支会へ新たに入会申し込みを行ない、承認を得なければならない。また、移籍先の承認を得たら、すみやかに移籍元支会へ報告しなければならない。なお、移籍の時期は、移籍先支会が承認した月の翌月月初よりとする。

第8章 退会

  • 第1条 会員登録の抹消を希望する会員は、退会届を所属の支会に提出し、登録を抹消することができる。
  • 第2条 退会届は毎月10日までに提出するものとし、退会届を受理した月の翌月以降の月会費並びに支会費は課金されないものとする。但し、入会後3ヶ月を経過していない場合は、入会から3ヶ月を経過するまで月会費が課金されるものとする。
  • 第3条 会員が次の各号のいずれかに該当した場合、支会または本部からの通告により会員資格を失うものとする。その場合、会員資格の有効期限に至るまでの期間相当分の月会費の払い戻しを受けることはできないものとする。
    (1)当規約に違反し、改善が見込まれないとき
    (2)当会への入会及び活動において、虚偽の申告を行なったとき
    (3)当会及びその会員の名誉を著しく傷つける行為があったと認められたとき
    (4)重い刑事上の罰則を受けるなど、支会または本部が会員として不適切と認めたとき
    (5)会員相互の和を乱したり、守秘義務に反するなど、当会の趣旨に反する行為をしたとき
    (6)月会費・支会費を滞納したとき
  • 第4条 退会した後、改めて入会を希望する者は、初回入会時と同様、入会資格の審査を受け、承認された上で、入会金・月会費・支会費を納めなければならない。

第9章 休会

  • 第1条 やむを得ない事由により、一定期間にわたり当会での活動ができないことが判明した場合、退会ではなく休会を支会に申請することができるものとする。
  • 第2条 休会を申請して承認された場合は、休会期間を過ぎた後、入会金以外の月会費・支会費を納入することにより、支会での活動を再開できるものとする。

第10章 懲戒

  • 第1条 当会での活動に従事する上で問題のある会員については、支会または本部の判断により、改善勧告を行なう場合がある。改善がなされない場合は、除名処分となる。

第11章 自己責任

  • 第1条 当会において学んだ事柄の実践や、ビジネスの斡旋を受けた場合の対応にあたっては、自己責任において行なうものとし、それにより発生したいかなる損害、不都合について、当会並びに支会に対して損害賠償を請求しないものとする。

第12章 情報管理

  • 第1条 会員は、当会での活動を通じて知り得た他の会員のアイデアや固有情報を当会の趣旨に反して利用しないものとし、当会の健全な運営に必要な守秘義務を負うものとする。
  • 第2条 当会の会員リストや、その個人情報については、当会における活動のためにのみ使用するものとし、無差別にダイレクトメールを送る等、相手方の許可なく営業行為等を行なってはならない。

第13章 規約の改定と規定外事項

  • 第1条 当規約は、予告なく変更されることがある。変更は、各支会を通じて会員に通知される。

第14章 施行年月日

  • 第1条 本規約は2014年11月1日より実施する。

第15章 規約改定

  • 2015年12月1日改定
  • 2016年3月31日改定

top